Js'ken System[皮革レザークラフト染色製造・.銀と真鍮加工.着物やクラフト市出店など]in茨城県石岡市

茨城県石岡市の工房にてレトロ&ポップをテーマに真鍮・シルバー925などに刻印を打ち込みブレスやリング・ネックレスを製作。海外コインを輸入してオリジナルコンチョ製作。レザーを染料を使ってオリジナルのカラー・模様を染色、革小物やバッグ,靴,財布などをハンドメイドにて製作しています。

2017年3月5日更新【現在、たくさんの注文をいただいており当分の間旧商品の制作・オーダーメイドは中止させていただきます。】

glossybuttons.gif glossybuttonsa.gif glossybuttonsr.gif

2007年12月19日

デニムジーンズリメイク,和柄生地,着物生地,ハーフパンツ,裾幅広げ

以前よりもっていたデニムジーンズ(EDWIN401X)ですが細めのフレアになっております。細めは太ももの締め付けの履き心地がよくなく登場機会が少ないデニムジーンズの1つでした。

眠らせておくのももったいないのでデニムジーンズリメイクに挑戦しました。今期ショップで通常販売されているカスタムデニムは生地にカラフルな模様を使ったりしているので、流行に左右されやすいのでシックな和風生地でデニムジーンズの幅を広げました。

完成後ちょっとヒッピー風かな?と思ったのですがボヘミアン調は今の流行。リメイクは財布にも優しいので古着カスタムはエコですな
デニムジーンズリメイク,和柄生地,着物生地
最近の茨城はムシムシ暑苦しく車に乗っていても、バイク(SR500)に乗っていても肌がコンガリ焼けている感じがします。もうすぐ梅雨明けで夏の季節到来となるので必然的に、服装の軽量化(肌の露出)・太陽光線の熱を吸収する濃い色から熱の光をを反射する淡い色彩の服装に変わってきます。

が・・・淡い色彩の服は有害な紫外線を良く通し肌に直撃します。ゆえに紫外線カットのUVケアは欠かさぬように気を付けてくださいませ!

今回は古着のダメージデニムのハーフパンツを和柄の生地でリメイクしました。正面から見ると普通のダメージデニムですが、後から見ると和生地とデニムのコラボになっています。と言うよりも遊び心を加えつつ、歳も歳なので控えめにお直ししてみました By Js'ken



posted by nakajima@Js'ken at 13:54| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

型押し革,白顔料吹付,ハーフ,ロングウォレット

白の型押し革/ハーフレザーウォレット
今回は、型押し革に白顔料染めしたハーフレザーウォレットです!今まで使っていた革財布は老朽化&デザインもあきたので現在財布機能面の改良中であります。

オレはカード類が多いので小銭や札は少しだけ入れば良いのです。重要なのは、
1,形の違うポイントカード・クレジットカード・名刺などのカード収納!
2,支出金の算出のためのレシート入れ!

もちろん、最重要としているのはスリム&コンパクト
最低ラインで必須な機能は、
1,カード&名刺の収納
2,札&レシートの分割収納
3,最低限の小銭収納

さてさて、これらの機能をひっくるめて"使いやすさ"を追求するとどんな形になるのか?
ストライプ型押しレザー,ロン.jpg
白のロングレザーウォレット/自分で顔料白染め
実はロングウォレットは使いにくいと先入観がありまして敬遠しておりました!なぜかと言うと、バイク(SR500)に乗るのでレザーハーフウォレットならばポケットにすっぽり入って安心出来るのですが・・・

レザーロングレザーウォレットだと1/3が外に出ているので無くさないか心配になります。

単純に盗難防止&紛失防止のためにウォレットチェーンをつければ問題が解決するのですが趣味じゃなかったり(笑)

とりあえずはレザーロングウォレットの機能面のカスタムを含めただいま研究中!
posted by nakajima@Js'ken at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

木目,空,大理石,グラデーション,エージング塗装

エージング塗装,ウェザリング塗装とは本当に面白いもので人間の生活必需品は塗装されている。さらに塗装技法,技術も多岐に別れ、コテ仕上,ピンストライプ,エアブラシ,ピアノ塗装様々あります。最近は技術拡張のために講習会は必ず参加しております。

車のボディー,バンパー,バイクのカウルなどに使われるFRP,フェラーリのカーボンを使えばさらにデザインが膨れ上がる。新たな情報はどんどん仕入れていかなければなりませんな!
木目,空,大理石,グラデーション,エージング塗装
エージングペイントのカラーバリエーションを増やすにはとにかく作ってみないと分からないので今までとは違った色で塗装してみました。カッティングシートとのコラボも練習しつつエージング塗装,意匠デザインのサンプル作りです。

エージングや意匠塗装の微妙なムラやデザインは常に工夫を凝らしていかなければ大理石やストーンのリアル感が出てきません。まだまだ練習が必要ですな!

最近はエージング塗装の筆やハケ以外にも道具を拡張させておりますが、エアブラシ,カッティングシートを使って塗装のバリエーションを増やしていきましょう。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 13:54| Comment(0) |  エージングペイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする