Js'ken System[皮革レザークラフト染色製造・.銀と真鍮加工.着物やクラフト市出店など]in茨城県石岡市

茨城県石岡市の工房にてレトロ&ポップをテーマに真鍮・シルバー925などに刻印を打ち込みブレスやリング・ネックレスを製作。海外コインを輸入してオリジナルコンチョ製作。レザーを染料を使ってオリジナルのカラー・模様を染色、革小物やバッグ,靴,財布などをハンドメイドにて製作しています。

2017年3月5日更新【現在、たくさんの注文をいただいており当分の間旧商品の制作・オーダーメイドは中止させていただきます。】

glossybuttons.gif glossybuttonsa.gif glossybuttonsat.gif glossybuttonsr.gif

2010年02月28日

革靴のソール靴底修理,磨り減った踵,爪先のゴムシート交換

お気に入りの革靴などは使用頻度が高いためその人の歩き方によって靴底が磨り減ってきます。今回ほど磨り減ってしまうと修理出すより買った方が安い事も多々あり、靴底をチェックして磨り減ってきたら早いうちにゴム交換するのがオススメです。

今回の靴は爪先部分が特に磨り減りがあったので減った分を補強した後に半張りを行ったので滑り止め効果も強くなっています。
.jpg
踵部分はゴムの下の木部まで削れていました。このまま平らなゴムを張ってしまうと段差が出来てはがれやすく、歩く事にも支障がでます。靴を地面に置いたときまっすぐ安定するように踵も削れた部分を補強し仕上ました。

この靴は歩くと木材がぶつかりコツコツと音がしていました。今回靴底ソールの半張りと踵修理を行ったことにより歩いても音が小さくなり靴の寿命も伸びました。ゴムだけのの張替えならすぐに出来るので早めの対応を! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 13:06| Comment(0) |  レザー・布・SV925修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半衿作りと着物の襟のイメージチェンジに襦袢へ半衿つけ

写真を反転し忘れたので衿が逆です(笑) 
周りに着物に詳しい人がいないので試行錯誤しながら着物の情報を集めています。そこで今回は着物の襟元が変化する半衿の襦袢へ縫付けに挑戦してみました。

半衿をつける肌襦袢・半襦袢・襦袢とは、着物の下に着る下着あるいはインナーで汗で着物が汚れるのを防いでくれます。下着の襟元をワンポイントで見せるのは初期の見せパンかも知れませんね。
半衿作りと着物の襟のイメージチェンジに襦袢へ半衿つけ
最初は市販のちりめん半衿を買ったのですが加工しているうちに手持ちの和風布生地でも代用できる事が分かりました。次回作る時はグレンチェックや千鳥格子で和洋折衷を狙ってみるのも面白いかもしれません。

半衿を付け替える事でカラーバリエーションが増えてくるとそれに合わせ着物に締める角帯のカラーバリエーションも増やしたくなってきます。角帯作りを考慮に入れながらア新たな帯も発見をしていきたいと思います。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:58| Comment(0) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

伝統的な紳士トラッドを意識しつつ、春服にベスト,ジレを製作

春用にトラッド調,紳士の伝統を意識しつつ英語でベスト(VEST)チョッキ(JACK)フランス語でジレ(GILET)を作ってみました。意味は同じなのですが流行っているフランス語のジレに以後統一してみましょうか(笑)

さて去年,今年は日本伝統の和服の着物を挑戦していますが、それ以前より洋服は伝統的な紳士ファッションが好きでした。伝統的な和服も洋服も年齢を重ねるにつれ似あってきているかどうかは周りの方の判断にゆだねます。
ジャケット,メンズトラッド春服にベスト,ジレ.jpg
ジャケットに合せるにも良し、ジレ単品,ジレ同士重ね着も可能なようにグレンチェックのグレーとクリーム、黒の格子模様,デニムなどの柄素材を使ってみました。

同素材でジャケットやYシャツ,ボトムも作ってみたいのですが追々、春服の傾向が決れば革小物やバッグ,シルバー925アクセサリーも傾向が決る。歳を重ねる度どんどんオシャレになっていきたいですな! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 23:51| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作り蝋引き靴紐,和柄やオリジナルカラーで製作も可能

先日,革靴の蝋引き紐が切れる事件がありました。至急代えの靴紐を買わなければならぬと探したのですが白と薄い茶色の蝋引き紐が売っていない。ほとほと困り果てやむなくオリジナルの手作り靴紐の開発に着手しました。

靴紐の強度の面では素材と紐の織り方に気を付ければ選択しやすいが紐の切り端は布と紐の因果必ず綻びてきます。やはり切り端も市販品同様プラスチック素材でカバーする事にしました。
オリジナル手作り靴紐,蝋引き紐で色かえ.jpg
今回の結果、自分で踏んで綻びてしまった靴紐の先端修理も可能になり市販品には無いオリジナルカラーの靴紐,和風やちりめん生地の靴紐の生産も可能になりました。

靴紐に限定せずとも、オリジナルのネックレス,ウォレットチェーンなど作る物の幅が広がりますな! 今回の革靴,蝋引き紐が切れた事件も良き成長になったと思われる。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 22:40| Comment(0) |  靴のリメイク・サンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

ボトム,ズボンの幅つめ,ヒップ,太股まわりサイズ補正りフォーム

洋服は試着をして購入するのが当然ですが試着ルームが狭かったり鏡が小さかったりでジャケット,ボトムズボンの幅の大きさを選び間違える事があります。それによりボトムやジャケットの形が他のアイテムと合せた場合に合わない事も。

太股周りが大きすぎたりするとファッションコーディネートがしづらく、そのボトムの登場が減ってたんすの肥やしになってしまっている物もあります。どうにかしてボトムを復活させようと洋服リフォームに挑戦してみました。
.jpg
今回のリフォーム内容はウエストは丁度良いので触らず、ヒップのサイズダウン。その後にボトムとしての機能性,行動可動域を損なわないように太股周りのサイズダウンをいたしました。

前回のYシャツウエスト幅つめに続き今回のボトムのヒップ,太股周りサイズダウン。次回はジャケットの幅つめやサイズ調整が課題ですな! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 13:19| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

埼玉県坂戸市,中国台湾の道教のお宮,聖天宮へ

日本の歴史よりも中国の歴史,思想の方が得意と公言しているワタクシです。川越の情報収集のため手に入れた埼玉県の旅行雑誌に道教の寺,聖天宮が載っていました。

道教と言えば中国の春秋戦国時代,諸子百家の老子,荘子がすぐに思い浮かびます。さらに老荘思想は少林寺の曹洞宗などの禅宗にも取り入れられています。物語として有名な物は封神演義,西遊記。日本では陰陽師,風水などにも取り入れられています。
埼玉県坂戸,中国台湾の道教,聖天宮.jpg
日本は仏教文化ですがインドから中国に渡って道教を吸収して日本へ伝わった歴史を考えれば、老子から考えれば2500年続く文化なので感動ものです。

聖天宮(道教のお宮)
場所)埼玉県坂戸市塚越51-1
拝観時間)10:00〜16:00
拝観料金)300円(障害者,中学生以下無料)
posted by nakajima@Js'ken at 20:20| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県川越市へ歴史観光,戦国時代の品を歴史博物館で見学

埼玉県の旅行雑誌を片手に小江戸と言われ城下町である埼玉県川越市に行ってきました。歴史感溢れる町並みに神社仏閣が数多く残り、リサイクル着物,呉服屋さんも多く、物作り人,作家のお店も多くあります。

茨城から車で行ったのですが駐車場もいたる所にもあるので駐車の心配はありません。川越駅からは少し歩くのですがクレアモール,一番街通り,蔵造り通り,菓子屋横丁,活気があり人に溢れていてとても1日では回りきれません。
小江戸川越,埼玉県川越市,歴史観光.jpg
川越で一番行きたかったのが川越歴史博物館この博物館は1階から3階へ江戸時代,安土桃山時代,土器時代の品が飾られていて博物館では珍しく撮影も可となっています。

戦国大名,武士の鎧や日本刀,鏃,十手,鎖鎌,鏡などは現代にもまさる彫金技法,装飾技術でその技術を見ると自分の至らなさがよく分かります。 By Js'ken

川越歴史博物館
埼玉県川越市久保町11-8 
tel)049-226-0766
入館料)大人500円小人300円 
時間)10:00〜17:00
posted by nakajima@Js'ken at 10:50| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

着物の羽織紐をシルバー925と黒檀で製作

先週は歴史情緒溢れ小江戸と言われる埼玉県川越市まで着物で散策をしてきました。(茨城から車で下道4時間)川越は神社仏閣が多く歴史博物館,蔵づくりの町並みもあり、日本に住んでいながら伝統の和装に縁が無かったので今回は貴重な体験になりました。

和装に関しては着こなしレベルが低く,着付けも思うように行かないのですが実験しながら小物やアイテムを増やしていこうと思っております。そこで今回は羽織紐の自作に挑戦してみました。
着物の羽織紐をシルバー925と黒檀で製作
今回は戦国時代の隠れキリシタンをイメージしつつ十字架を黒檀とシルバー925で製作。羽織紐を腕に付ければブレスレットにもなります。クロス部分はチェーンから取り外し可能なので根付やストラップはもちろんペンダントヘッドにも使用可能です。

まず和装は男物のアイテムからの製作ですがバッグや財布,雪駄に足袋,手拭い。これから着物に挑戦しつつ色々作っていこうと思います。By  Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 20:01| Comment(0) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洋服のリメイク,Yシャツのサイズ直し

古着屋やショップでは春用の新作などが出始めていますが,茨城は立春と言いつつ先日,雪が降りました。

暫くはYシャツ,Tシャツ1枚で出かける事は無いと思いますが春に向けてシャツをリメイクしてみました。

シャツは身長や腕に合せたサイズを買うとウエスト部分の生地が大量に余ります。かといってウエストに合せると袖が7分丈になります。
洋服のリメイク,Yシャツのサイズ直し.jpg
今回のYシャツ,Tシャツのサイズ直しは自分の体に合せて直しました。しかし使っている間に重ね着などで不都合がでる事を範疇に入れサイズが元に戻るように加工してあります。

冬はと違って春は暖かくなり薄着になるため色々とファッションが楽しめるので色々挑戦していきましょう。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 17:16| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする