Js'ken System[皮革レザークラフト染色製造・.銀と真鍮加工.着物やクラフト市出店など]in茨城県石岡市

茨城県石岡市の工房にてレトロ&ポップをテーマに真鍮・シルバー925などに刻印を打ち込みブレスやリング・ネックレスを製作。海外コインを輸入してオリジナルコンチョ製作。レザーを染料を使ってオリジナルのカラー・模様を染色、革小物やバッグ,靴,財布などをハンドメイドにて製作しています。

2017年3月5日更新【現在、たくさんの注文をいただいており当分の間旧商品の制作・オーダーメイドは中止させていただきます。】

glossybuttons.gif glossybuttonsa.gif glossybuttonsr.gif

2011年02月28日

仏壇や箸に使われる黒檀使用,ウッドのペンダントヘッド,ピンズブローチ

もうすでに古着屋やセレクトショップでは春の新作アイテムで埋め尽くされていますね。冬物のセール狙いは今がチャンスだと思います。ちなみにタータンチェックの帽子とレギンスを手に入れてまいりました。

これから春になり薄着の季節になってくるので今回は黒檀をベースに、光る真鍮のゴールド,スワロフスキーの輝きを取り入れペンダントヘッドとピンズブローチを製作しました。
黒檀ウッド,ペンダントヘッド,ピンズブローチ
洋服以外にも着物の羽織紐に通してアクセサリーにしたり、羽織紐を止めるループに取り付けゆれるブローチにしたり和装でもシックに使えると思います。

黒檀(エボニー)とは硬く耐久性に優れる素材で主に家具,仏壇,細工,ゴルフクラブのヘッドなどに使われます。色合いは淡い赤色と黒色の縞模様になっていて磨くととても光沢が現れます。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 07:09| Comment(2) | ★シルバー925,真鍮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

十銭,五〇銭コインと真鍮ブラス製エスニック調のペンダントヘッド

ここのところ春の陽気が続き関東では春一番が観測されたようですね。物を吹き飛ばすような強風の記憶はないのですが茨城では春一番はふいたのでしょうか?

今回はインドのヒンドゥー教の模様は和とも洋とも違った独特の雰囲気があり、以前よりデザインや雰囲気を取り入れられないか考えていました。今回その第1弾はエスニック調の真鍮ブラス製の皿から模様を切り出しペンダントヘッドに加工してあります。
真鍮ブラス製古銭コイン,エスニック模様ペンダントヘッド.jpg
洋装,和装両方に使えるアクセサリーをコンセプトとして製作しているので、ペンダントトップ以外にもループに紐を付け着物時の根付,羽織紐のアクセサリーとして使ってみるのはいかがでしょうか。

そう言えば、12本入りは1ダース,12ダース入りは1グロス,12グロス入りはグレートグロスと言うらしいです。どうもグロスと聞くとリップグロスの方をイメージしてしまい覚えやすいが馴染み難い単位のような気がするのは自分だけでしょうか? By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 19:41| Comment(0) | ★シルバー925,真鍮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

エスニック風手作り料理,ガッパオとマサラチャイ

以前はシナモンの匂いがダメだったのですがシナモンが髪の毛に効くと聞いて好物の1つとなった、最近ハーブにはまっているJs'kenでございます。その中でもバジルは好きなのでレシピを募集中。

バジルと言えばイタリアンというイメージしかなかったのですが、有志の助言で今回はバジルのしっかりきいたタイ料理ガッパオとインドのミルクで紅茶を煮出したマサラチャイを作ってみました。
ガッパオ,マサラチャイ,手作りレシピ.jpg
ガッパオの作り方は、鳥の挽肉,野菜をお好みで,調味料,スパイス(バジル,七味唐辛子,オイスターソース,しょうゆ,にんにく)などを炒め合わせるタイ風のそぼろ丼と言える簡単な料理です。

マサラチャイの作り方は紅茶を水で煮出しミルクとスパイス(生姜シナモン,クローブ,カルダモン)を加え一煮立ちさせ作ります。今回はエスニック感のある料理でまとめてみました。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 06:41| Comment(2) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

2月のメンズ着物スナップ,着物ジャックin茨城,真壁の雛祭り

今まで栃木県と埼玉県のキモノでジャックに参加していましたが、2月20日に真壁の雛祭りのイベント開催中に行われた着物でジャックin茨城に参加。今回は水戸で浴衣deまちプラを企画された方ともお会いできたのにも感動です。

蓋を開けてみると群馬県や埼玉県より4名が2,3時間かけてお越しの着物ジャック経験者の皆様で、なんと前回群馬の県庁を40人規模の着物人でジャックした上州ジャック001号さんが二名で参加してくれました。茨城県在住の人が7名、第2回,3回と増えて行ってくれる事を祈ります。
着物ジャックin茨城,真壁の雛祭り,メンズ着物スナップ.jpg
今回の茨城着物ジャックでアレコレと言う着物の雑誌の編集者さんが、着物を着る男の人はデザイナーさんやオシャレな人が多いと言っていたのを思い出しました。やはり第1回目に参加する先進的な紳士は着物の着こなしもカジュアルで取り入れているアイテムもオシャレなものばかりです。

高級品で飾るのではなく一点物のレザーの角帯,ハットやチャップリン帽,ピンクの草履に手作りの羽織紐など今回はレベルの高い人が凝縮したような第1回目でした。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 06:34| Comment(3) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

彫金銀細工用のアクセサリーディスプレイ,ペンダントトップかけと指輪ホルダー

先日行った越谷レイクタウンでもそうなのですが古着屋,セレクトショップめぐりの楽しみはオリジナリティー溢れる商品を見て回る以外にも、小物やアクセサリーを飾るディスプレイ,インテリアは学ぶところも多く視野を広げるため見て回るのも欠かせません

作った品をどうディスプレイすれば見栄えがよくなるかは撮影を含め悩み所の一つです。市販品のディスプレイでは面白くないので、作る機会の多い指輪のリングホルダーとペンダントトップのディスプレイを作ってみました。
シルバー925,アクセサリーディスプレイ,ネックレス,指輪.jpg
指輪を飾るリングホルダーは和風な感じで梵字を彫りこみ下部はマグネットをを埋め込んだので壁に貼り付ける事も可能です。ペンダントトップのディスプレイは背後にバインダーを取り付けたのでアクセサリーの取扱説明書を挟む事もできる様になっております。

今回の彫金銀細工などのアクセサリー用のディスプレイ作り第1弾はまあまあの出来だったので、レザークラフト,ファッションアイテム用を含め第2弾3弾とクオリティーをあげて製作していきましょう。

posted by nakajima@Js'ken at 05:09| Comment(2) |  エージングペイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

2月の男着物スナップ,キモノでジャックin埼玉,越谷レイクタウン

2月は雪の騒ぎで茨城県は右往左往しており、車での移動が一般的な県なので路面の状況は死活問題です。キモノでジャック前日のも降ったしジャック後も予想に反しての雪で冬なのか春なのか和服選びにも困る気候天気です。

越谷レイクタウンでのキモノでジャック当日は完全に春の陽気でもあり、屋内でもあるので着物で参加した皆さんは明るくカジュアルな着物が多かったように見受けられました。自分も当日は襦袢無しで長衣,羽織で参加です。
男着物,,埼玉レイクタウン,着物ジャック.jpg
当日、一番目に付いたのは洋服生地でもありそうなカジュアルで明るい着物を着ていた紳士。素材を聞いてみると女性物の大島紬を紳士用に仕立ててもらったそうで、オーダーメイドの革鞄と相まってジャック参加の着物男子の中でも目立っていました。

越谷レイクタウンは交通の便もよく大勢の参加があり着物男子も10人ほどいて、去年ブームとなったデニム着物のメンズや、変わった織りの木綿着物を着ている方など。洋服もそうなのですが和服も着こなしを学ぶには人間観察が一番ですね! By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 07:03| Comment(2) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

格子柄とストライプ模様のウール生地で男用の羽織と袴製作

先日の茨城は水道完全凍結しましたね。水が出ないと歯も磨けず、髪の毛が寝ぐせも直せません。寝ぐせつきの寝ぼけ眼での着物写真撮影ですので背中心があってなかったり着方がずれておりますがお見逃しを。

今回は格子の反物を使った羽織とスーツ生地を使った袴を製作いたしました。和布の反物の扱いは生地の取り方,寸法など難しく、さらに身長も高いので一反では布生地が足らない事も多々あります。羽織の衿の長さ足らなが継ぎはぎになっております。
男着物,手作り羽織袴,生地継ぎ足し.jpg
一気にウールスーツ生地の着物が増えメンテナンス,保管方法も考える必要がでてきました。着物の自体は色落ちせず手洗いで洗えるので虫食い防止などの保管もこれからの課題です。ハンガーラックにかけられる良き防虫剤がありましたらご一報を。

冬用の男物の着物は袷の羽織,着物長衣の他,袴などがあり漸く2日分完成しました。残りの目標は防寒用の角袖コートなので難しくともめげずにラストスパートかけましょう。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 05:41| Comment(2) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする