トップぺージ・フライヤー .jpg

Js'ken System[皮革レザークラフト染色製造・.銀と真鍮加工.着物やクラフト市出店など]in茨城県石岡市

茨城県石岡市の工房にてレトロ&ポップをテーマに真鍮・シルバー925などに刻印を打ち込みブレスやリング・ネックレスを製作。海外コインを輸入してオリジナルコンチョ製作。レザーを染料を使ってオリジナルのカラー・模様を染色、革小物やバッグ,靴,財布などをハンドメイドにて製作しています。

2017年3月5日更新【現在、たくさんの注文をいただいており当分の間旧商品の制作・オーダーメイドは中止させていただきます。】

glossybuttons.gif glossybuttonsa.gif glossybuttonsr.gif

2011年03月29日

メンズ用の手作り帽子,ポークパイハット,ハンチング帽,キャスケット帽

茨城では放射能汚染とかの風評被害で他県の方々に仲間はずれにされておりますがきっと2ヵ月後には一番安全な土地に。独自の品質管理やデータ化で安全性証明のクォリティーが格段にアップするからです。

世界で一番厳しい管理にされている放射能数値に四苦八苦するよりも、確実に肌に影響のある紫外線対策にに切り替えていくべきではないでしょうか。直射日光を浴び続けると髪の毛にも宜しくないようで大問題です。
メンズ手作り帽子,ポークパイ,ハンチング,キャスケット
さて、今回はメンズ用の手作り帽子編ですがハンチング帽とキャスケットは帽子の裏がゴムで伸縮するようになっておりサイズ調整は可能です。ポークパイハットの方はしっかりした芯を使っているのでバッジやピンズで飾り付けて楽しめますよ。

まだまだ水戸あたりは被害が残っておりショップの手持ちの大工道具を持ち込みボランティアで復興を手伝っています。4月のショップ再開とともに新作の帽子もお店に並ぶと思うのでお楽しみに。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 06:25| Comment(2) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

第2回着物でジャックin茨城,古河総合公園の桃祭り(中止の確認へ) 桃の花は7分咲でした。

第2回の着物でジャックin茨城(古河総合公園,桃祭り)は東日本大震災の影響で残念ながら中止になってしまいましたが、今回より多くのショップ様に応援協力いただき,チラシ,フライヤーを設置いただきましたこと御礼を申し上げます。

石岡市,八郷町(こんこんギャラリー,カフェ トゥリー,ヘアサロン美美,栗山呉服店) 水戸市(カフェギャラリー言の葉,コーヒーハウス MILE SONE) 笠間市(ともちゃんのお店,桃林堂)様方、ブログでご紹介いただいたキモノdeジャックファンの皆様。

ツイッターやブログで中止をお知らせしまいしたが漏れがあるといけないので着物を着て中止の確認へ古河総合公園に行ってきました。そこで桃の花に心が癒されたので写真は皆さんにおすそ分けです。

次回の着物でジャックin茨城は、せっかく日本伝統の着物で集まるのだから日本を茨城を応援する形で開催場所を探しております。地元で茨城復興のためのイベントがあるってときはお知らせください。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 23:28| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

手作りの帽子作り用アイロン台,,100均のアクセサリー小物ケースをアンティーク風ペイントでリメイク

帽子を作るようになって必要になってきたのが帽子用のアイロン台です。以前はジャムの瓶にタオルを巻いてアイロンをかけていたのですが軽量で安定せず使い勝手がイマイチでした。

そこで12cm×12cmの木角材を切り出しクッションとしてハギレの布生地を巻き、その上からアルミコートのアイロンシートを被せ帽子用アイロン台を作製。使ってみたところ角材の重量と面積によって安定感が増しアルミコートシートで帽子の型付けも良い感じになりました。
帽子用アイロン台,アンティークペイント,100均のアクセサリー小物ケース.jpg
さて次に100円ショップで見つけ使用していた白木のアクセサリー小物ケース、無塗装なのでだんだん滲みなどが付いて汚い感じに。100均商品なので買い換えてもよいのですがせっかくなのでアンティーク風塗装を施しリメイクしてみました。

シルバー,真鍮アクセサリー,レザー革小物はどんどん増え続けているのでカラーバリエーションを変えればシルバーアクセサリー,レザー小物の分別にもなる事を発見。場所もとり収納が足らないのでケースの融合が出来ないかどうか現在考え中です。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 12:33| Comment(2) |  エージングペイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

レザー製のIDカード,名刺ホルダー,レザーと真鍮の4つ編みブレス,とんぼと,真鍮ブレスレット

春は男女問わず薄着になり肌の露出も多くなってくるのでアクセサリー需要が多くなってきます。今回はレザーをブラックの染料でで素染めしたシックなアクセサリーアイテムを製作いたしました。

ショップやイベントなどでは必ず使うIDカードケースを製作しました。星のスタッズを打ち込み他のお店とは違ったカジュアルな感じに仕上げてあり、首に吊り下げる紐も牛革を三つ編み加工してIDカード,名刺入れ同様素染め仕上げにしてあります。
皮革レザー製IDカードホルダー,レザー,とんぼ玉,真鍮ブレスレット.jpg
バイカー風牛革4つ編みブレスはブラックカラーによく生える真鍮をワンポイントとして取り入れ、カジュアルなファッションでも使えるよう武骨なレザーブレスををゴールドの輝きでハードさを緩和してみました。

ガラスの透明感と金属の輝きを生かしとんぼ玉ブレスレットを製作しました。シックなワインレッドカラーのとんぼ玉には真鍮のゴールドカラーがアクセントとして使用してあり、高級感がありながらもカジュアルに仕上げてあります。 By Js'ken 

posted by nakajima@Js'ken at 07:22| Comment(2) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

パイソン柄,雪駄の靴底はがれを修理,オール牛革製の新手作り雪駄

楽しみにしていた着物でジャックin茨城に向けて和装アイテムのチェックをしていたところ、パイソン,ニシキヘビ風柄が気に入って重用していた雪駄の底がはがれ始めていました。修理するか雪駄をレザーで作り直すか選択が必須となります。

せっかくなので靴底の修理と新雪駄製作両方やってしまいました。靴底,草履底のはがれ始めていたものは左右両方とも一度靴底をはがして改めて接着して仕上げています。それにより草履全体に接着効果が復活したので長持ちします。
雪駄の底はがれ修理,牛革製の手作り雪駄.jpg
牛革,レザー製の雪駄は滑り止め用に靴底にゴムを貼り付けてあり、それ以外はオール牛革を使用しています。鼻緒で足に負担がかからない場所にスワロフスキーで飾りをつけてあるので、シンプルな足袋をはくと輝きが引き立ちオシャレに見えると思います。

今までカラフルな足袋を和装のオシャレとして使っていましたが今後は雪駄,草履をカスタマイズしつつ他の着物好きさんとの差別化を狙っていきましょう!

今回、東日本大震災の影響によって古河桃祭りが中止になりました。3月27日に予定されていた着物でジャックin茨城はとても残念ですが中止となりましたので茨城着物ジャックのBlogをご確認ください。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 17:19| Comment(0) |  レザー・布・SV925修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

着物ジャックin栃木,氏家雛巡り,無料駐車場で埼玉着物ジャック2号さんに再会

3月5日栃木県さくら市氏家の雛めぐりに行ってきました。無料駐車場が沢山あると言う事で集合場所に一番近い駐車場に車を止めました。そこでなんと埼玉の着物ジャックでお世話になっている002号さんに偶然出会いました。

埼玉着物ジャック2号さん話しながら駅に向かうと、栃木県は少し肌寒かったですが着物でお集まりの皆さんは明るい着物や羽織をおめしでなんとも華やかな色合いの集団となりました。もう春なのだと再認識しました。
着物ジャックin栃木,氏家雛巡り,埼玉ジャックさんに再会
氏家雛めぐり当日は町中に飾られた雛飾りを見つつ昭和レトロな住宅では、せっかくの着物ということで茶道の点前でご接待いただいたりしました。茶道の経験のほとんどない自分は茶碗を10回ほど回したような。。。

お恥ずかしい事ですが着物初心者によくある帯が解けると言う失態もしてしまいました。 まあ、これも経験と言う事で。今回の着物ジャックin栃木も楽しく過ごすことが出来ました。

今回の東日本大震災の影響により古河桃祭りの中止に伴い、3月27日に計画されていた第2回の着物ジャックin茨城が中止となりました。茨城の着物好きの皆さんとお会いできないのが心苦しいですが、地震に負けず今まで以上に復興して再開いたしましょう! By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 15:36| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

デニム,ジーンズ素材のシャツをリメイク,色落ちした雰囲気にストーンウォッシュ,ブリーチ加工

長年やろうと思っていたデニム,ジーンズ素材のリメイク、ブリーチ編です。前回のデニムジャケットは完全ブリーチ加工を行い黄みがかった白ににする事ができました。今回はデニムシャツの部分ブリーチです。

日常デニム,ジーンズ素材を使っているとよくこすれ、あたる部分が色落ちして自然と斑になっていきます。それを人工的に行ったのがストーンウォッシュと呼ばれ新品でも色落ちした雰囲気が出す事ができ人気になっています。
デニムシャツリメイク,ストーンウォッシュ,ブリーチ加工.jpg
そこで今回、春に気軽に羽織れるデニムシャツをストーンウォッシュ加工しました。まだまだ液だれなどで脱色しましたと言うところがありますが、長年使ったようなデニムシャツの雰囲気が出たように思います。

最近は着物や羽織にもデニム,ジーンズ素材が使われ人気になり雑誌などでも紹介されていました。このストーンウォッシュ加工のクォリティーがあがっていけばオリジナルのデニム着物が完成することでしょう。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 08:14| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

メンズ用のハンドメイド帽子,チェックとデニムのハンチング帽

洋服ではジャケットに帽子で出歩くのが多いです。新たな挑戦として帽子と着物の和装コーディネートしています。が帽子のサンプルが少なすぎて和装コーデのバリエーションが増やせません。

ハンチング帽と言ってもモナコハンチング,アイビーハンチングなどデザインの種類がありますが、今回は古着で作業用のカーキ色のデニムとチェック柄の生地でよく見かけるシンプルな形状のデザインにしてあります。
メンズハンドメイド帽子,チェックとデニムのハンチング帽.jpg
ハンチング帽にレザークラフトで使用するスタッズやハトメ,カシメをアクセントとして打ち込んでおきました。帽子にスワロフスキーやスタッズ,ワッペンでカスタマイズを加えると今までとは違ったカジュアルな雰囲気になります。

現在はレザークラフト用を主に使っていますが輸入スタッズやビーズ,洋裁用などの金具アイテム、パッチワークなど色合い,布使いの技術も視野を広げて獲得をしていきましょう。By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 22:42| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

フリースのジャケットの壊れたファスナーを交換修理,60cmファスナーでタートルネック化

このフリースのアウターはほぼ新品だったような気もしますが、古着をファッションの一部として取り入れているとボトムやジャケットなどを使っているとファスナーの寿命で壊れる事が多々あります。

ファスナー交換は縫製スキルを磨く事ができるし、ファスナーの種類でルミナというものを使いリメイクすれば年季の入った古着もカラフルな感じにデザインチェンジ出来るので、とても手間はかかりますがジャケットのファスナー交換をしました。
壊れたファスナーを交換修理,フリースジャケット,アウター.jpg
以前の行ったボトムのファスナー交換はある程度長さも決まっていて調節も出来たのでさほど困る事はありませんでした。しかし今回のフリースジャ ケットのファスナーの長さは55cmで市販しているのが50cmと60cmそこでバイアステープを多めに解き60cmのファスナーを取り付け。

その5cmファスナーupの効果でフリースジャケットの襟が冬など冷たい隙間風が入るのを防げるようにタートルネック状に閉める事が可能になり、この結果は他のジャケットやアウターのも転用できるので良き結果となりました。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 17:05| Comment(0) |  レザー・布・SV925修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

ニット,ジャージ素材,タータンチェック柄の素材で手作り帽子,メンズワークキャップ風

つなぎ,オーバーオールを着て物作りをすればいいのですが、ついつい外出前に作業をしてしまう事が多いです。そういう時にかぎってボンドを使ったり染料や塗料などが服につき、その服は作業用になってしまいます。

作業用の服がどんどん多くなり、安い古着と言えども捨ててしまうのはもったいないのでジャージーニットとタータンチェック生地の綺麗な部分を使って帽子に古着をリメイクしました。
ニット,ジャージ素材,タータンチェック柄の手作り帽子,ワークキャップ風メンズ.jpg
メンズ用の帽子と言えばハンチング帽かハットですが去年ずいぶんワークキャップの人気も出て現在も続いていています。自分好みのワークキャップをずっと探していたのですが見つからずせっかくなので作ってしまいました。

去年カーディガンなどでよく出ていたドレープ加工、そのような感じに帽子もできぬかとちょっと小技を使って布にたるみを作り仕上げてみました。 着物用の帽子も欲しいので暫く帽子作りが続きそうな予感です。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 19:45| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする