Js'ken System[皮革レザークラフト染色製造・.銀と真鍮加工.着物やクラフト市出店など]in茨城県石岡市

茨城県石岡市の工房にてレトロ&ポップをテーマに真鍮・シルバー925などに刻印を打ち込みブレスやリング・ネックレスを製作。海外コインを輸入してオリジナルコンチョ製作。レザーを染料を使ってオリジナルのカラー・模様を染色、革小物やバッグ,靴,財布などをハンドメイドにて製作しています。

2017年3月5日更新【現在、たくさんの注文をいただいており当分の間旧商品の制作・オーダーメイドは中止させていただきます。】

glossybuttons.gif glossybuttonsa.gif glossybuttonsat.gif glossybuttonsr.gif

2011年04月29日

絽,紗素材の羽織と袖なし羽織,薄く透ける夏着物を体に合わせてお直し

絽,紗とはどんなものだろうと調べていると"絽紗の格の違い""着ていい着物の種類の決まり"とかが多く違いがいまいち分かりにくかったので今年は放置プレイする事にしました。

さて夏など暑い季節にシースルーで下の生地が透けて見える絽と紗の素材。去年から使ってみたいなと思っていたのですが技術が追いつかず今期の春からメンズ着物のコーディネートに取り入れられるようになりました。
絽,紗素材の羽織と袖なし羽織,薄く透ける夏着物を体に合わせてお直し.jpg
着物を着ている当人が180cmの身長なので通常の着物では丈も袖の長さも100%合いません。とりあえず2着分買い1着は袖を延長,1着は袖を取ってしまったので袖なし羽織としてお直しリフォームをしました。

今までは出来ている素材がさっぱり分からず手を出さなかったのですが、単の物なら何とか洗えると思い挑戦してみました。古着和服を使いこなせるようになればどんどんバリエーションも増えていきますね! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 04:16| Comment(2) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

春秋の季節に使う洗濯できる綿着物,手作り男用着物

春夏秋のすごしやすい季節に使う着物は単(ひとえ)といって裏地の付いていない着物です。何月はこの素材を使ってこの種類の着物でという決まりもあるようですが、陽気に合わせてコーディネートするのが過しやすいと思います。

桜もちり茨城も昼間は暑くボトムにTシャツで動き回るのが丁度よい陽気です。洋服の衣替えに合わせ和服も衣替えをしようと春などに合う色柄の生地を使って単の着物を作ってみました。
春秋の季節に使う洗濯できる綿着物,手作り男用着物.jpg
暑い季節は単1枚で過す事を前提に考え、風を通しやすい荒めに織ってあるピンクと白のチェック・白と水色などストライプ柄の生地を使用しました。綿でできているので雨にぬれたり、汗を大量にかいても洗濯OKになっています。

今までは袷ばかりで単の着物を着て出歩く事が初挑戦なので、単のメンズ着物バリエーションを増やしつつコーディネートするための和装小物を増やしていきましょう! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 06:20| Comment(2) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

茨城県笠間市の工芸の丘,芸術公園へ,桜満開でお花見の穴場!

茨城県笠間市にあるクラフトヒルズ工芸の丘,芸術公園に行ってきました。芸術公園,イベント広場は、適度な運動も出来る広々とした公園はマラソン,ウォーキングコースも完備しています。

今回行った時はまさに桜満開,枝垂桜も風に揺られなんともいえない雰囲気でした。

クラフトヒルズ工芸の丘では、フュージング,アートクレイシルバー,陶芸体験に絵付け体験などさまざまな手作り体験ができます。もちろん館内では食事にさまざまなお土産も売られているので見ているだけでも楽しいです。

現在震災で、陶器の焼き釜が崩壊しました。観光で行かれる際はこちらの工芸の丘サイトでご確認を! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 08:03| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

茨城県笠間市で開催された,着物の古着探しに栗の家,骨董市へ

着物,浴衣の反物を探しに茨城県笠間市 栗の家,骨董市へ行ってきたよ!着物の古着屋さんやアンティークアイテムのショップさんが50店舗も集まるので見て回るだけでも十分楽しい。

着物姿の人も多いから着物で行くスポットの一つ発見! 栗の家,骨董市は第1,3日曜日にam6:00〜pm3:00 サイトはこちら
茨城県も東日本大震災の被災地ですがチャリティー活動が盛んです。笠間市は道路の舗装も地震で除去したところがまだまだあり、伝統の古い町並みは被害が大きく急ピッチで修復中です。

被災地の茨城県はイベント自粛することなく経済活動を活性化させ被害地域を復旧していきましょう〜 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 06:28| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

ストールを繋ぎ合わせた手作の兵児帯,簡単にメンズ着物を着よう

人に着物を着付ける技術が間に合っていないので、簡単にメンズ着物を着るために兵児帯を作ってみました。作ったと言ってもストールを繋ぎ合わせたものです。

兵児帯作りをしていて思ったのですが生成り生地を用意して、草木染めの藍染や絞り染めなどでオリジナルデザインの兵児帯を作ったら夏の浴衣にとても映えるなと思いました。

洗える着物や普段着物の場合、気軽に着れてすぐ着れるを最優先事項にしていたりするので着物を羽織って兵児帯でラフに着る。そういうのもありだと思います。

浴衣の場合はなお更で、夏の湯上り状態の時に襟元きっちり閉めて角帯で貝の口結びしたら、扇風機をかけながらごろ寝出来ないような気もします。 洋服の着方と同じように、自分が着たいように着崩す。平成の着方として広めたい。By Js'ken
2011年5月1日 笠間陶炎祭に着物でプチ集合しよう!
posted by nakajima@Js'ken at 21:27| Comment(0) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

手作り着物,単ニット生地の羽織,古着解体の手作り足袋,足利キモノジャックで着用

先日の栃木県足利市で行われた群馬,埼玉,栃木の合同キモノジャックin史跡 足利学校で着用した着物を紹介します。以前作った木綿の着物に重ね衿を縫いつけ袴にニット素材の単羽織で行きました。

春なので単のニット羽織は、暑苦しさを感じさせないよう淡い色合いの生地を使用しラフに着れて自然とドレープがかかるようになっています。柔らかいニット生地なので衿部分にはシルバー925のラペルピンで飾りを付けることも可能です。
手作り着物,単ニット羽織,手作り足袋
木綿の伸びない素材の生地製作の足袋とタンクトップを解体した伸びるニット生地の足袋2種類使って、春用にも足袋を新調しました。色あせた洋服の古着を解体し製作したので、他の足袋や靴下にもないような柄になっていると思います。

今回、羽織と足袋にニット生地を使用したのですが柔らかさと自然なドレープ感も着物に合う事が分かりました。今後もラフに着こなせる着物のバリエーションをふやして行こうと思います。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 06:43| Comment(2) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

着物に合わせてオイルステイン,ニスでアンティーク塗装,手作り着物用ハンガー

和裁と洋裁の種類が違うように作られた着衣も洋服の立体的な縫製と違って、和服は直線的な縫製になっています。肩と腕部分が直線になっているので長めの腕のハンガーにかけておくと型崩れも少なくなります。

あまり長期間かけておくと生地の種類によって裾部分がたるんできますが、着たあとに乾かしたり、臭い取りのためには着物ハンガーはあると便利なアイテムとなっています。
着物に合わせてアンティーク塗装,手作り着物用ハンガー.jpg
今回作った着物ハンガーはハンガーの腕部分が90cmの長さで材質は木材を使ってあります。塗装方法はオイルステインで着色後に色とび,色移りしないようつや消しニスで仕上げてあります。

ハンガーの首部分は鉄骨を曲げボルトを溶接しうで部分と連結してあります。和装用インテリアの第1弾ですが徐々にアンティーク感溢れるアイテムも作っていきましょう。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 06:16| Comment(0) |  エージングペイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足利学校をキモノdeジャック 群馬,埼玉,栃木合同

群馬,埼玉,栃木の合同キモノdeジャック足利学校へ茨城から行ってきました。なんとテレビの撮影も入り、足利のAKG23(足利着物ガールズ)の方々とも一緒に出演。

今回は群馬,埼玉,栃木のジャックメンバーさん以外にも、新潟から3時間かけて新潟ジャックさんが駆けつけ、総勢60人ほどでまさしく足利学校は着物姿の人々で埋め尽くされる事になりました。
60人もいると知り合いばかりが多くて話す事がたえません。仲のいい友達を見つけまったりお茶を飲んだり、異業種交流会的に名刺交換したり人それぞれです。

いったいキモノdeジャックはどこまで広がっていくのでしょうか?茨城も他県の勢いに乗りキモノでジャックを広げていきましょう〜 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 05:34| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする