Js'ken System[皮革レザークラフト染色製造・.銀と真鍮加工.着物やクラフト市出店など]in茨城県石岡市

茨城県石岡市の工房にてレトロ&ポップをテーマに真鍮・シルバー925などに刻印を打ち込みブレスやリング・ネックレスを製作。海外コインを輸入してオリジナルコンチョ製作。レザーを染料を使ってオリジナルのカラー・模様を染色、革小物やバッグ,靴,財布などをハンドメイドにて製作しています。

2017年3月5日更新【現在、たくさんの注文をいただいており当分の間旧商品の制作・オーダーメイドは中止させていただきます。】

glossybuttons.gif glossybuttonsa.gif glossybuttonsr.gif

2011年09月29日

真鍮を緑青化,長年風雨に晒された銅特有の青さび出し実験

今回は緑青と言う新たな真鍮の発色加工を試みました。日本の仏像,ヨーロッパ家具などアンティーク品によく見られる銅特有の青緑の色だしです。

緑青とは、銅の酸化でおきる青緑色の錆で、銅板の表面に皮膜を作り内部の腐食を防ぐ効果や抗菌力があります。昔は毒と言われていましたが動物の実験でも毒性は無いと分かりました。
真鍮を緑青化,長年風雨に晒された様態に銅特有の青さび出し
今までは銅の赤色加工,銅真鍮の黒くくすんだ色加工を使っていました。今後は前出の2つより手間がかかりますが既製品に緑青をワンポイントプラスさせたり真鍮加工品におりまぜていけたらなと思います。 By Js'ken

関東のキモノでジャック開催予定も出揃ったようです。茨城は結城の結い市で開催、チェックはwebsiteのカレンダー・地図・ポスターより→こちら
posted by nakajima@Js'ken at 09:55| Comment(0) | ★シルバー925,真鍮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

革を素染めした靴べらキーホルダーを作りました,靴べら金具も材料販売中

めっきり肌寒くなり洋服も秋物に移行し履物も革靴の出番です。今回は出先で靴べらがあるとは限らないので気軽に持ち運べるキーホルダー型の靴べらを作りました。

今回は身嗜みツールこそオシャレにと言う事で革を中央で染め分けて素染めしました。仕事場など服装の決まりがあって個性が出しにくい時でも安心です。 By Js'ken
レザーの靴べらキーホルダーを作りました,金具材料販売
今回使用した靴べら用の金具パーツを限定6個1個600円で入荷しました。靴べら芯材とキーホルダー部分はネジで接続するようになっています。サイトへ

メール便規定サイズ内の発送はA4の封筒は厚さ2cm=160円 / B4厚さ2cm=240円で発送できます。
posted by nakajima@Js'ken at 01:27| Comment(0) |  手作り材料の販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

おそろいの柄生地を使用した,メンズの角帯,スヌードストールを作りました。

先日のキモノでジャックin東京 浅草編ではスニーカーやバッグ,キーホルダーなど和服に洋服アイテムを上手に取り入れている人が沢山いましたね。

ピンクチェックの単はカジュアルで派手かなと思い控えていたのですが、触発されておそろいの角帯,スヌードストールなどアイテムを作りさらにカジュアル化させてみましたよ。
おそろいの柄生地を使用,帯,スヌードストール
夏はシンプルな着物でしたが、これからも冬着物になり袷,ポンチョ,ストールなど使用できるアイテムが増えていきます。どんなコーディネートにしようか今から楽しみ! By Js'ken

【10月22日11:00〜 JR水戸線結城駅北口より、健田須賀神社まで徒歩10分〜 結城市の健田須賀神社周辺で雑貨・小物・カフェなど、個性的な出展者が集い結い市が開催されます】
posted by nakajima@Js'ken at 04:13| Comment(0) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ボディバッグとウエストバッグ2wey仕様,素材は牛革と豚革,内側1つ,外側2つポケットつき

2通りウエストバッグとボディバッグに使えるレザーバッグを作りました。今回は携帯電話やデジタルカメラ,大きい財布が別々に収納できるようにポケットを多く付けてあります。

最近はレザーバッグ内部構造の複雑化,機能化とともに軽量化のため牛革をベースに豚革も使うようになっています。すべて牛革使用希望の場合は付属する機能が減少する事もあるのでご相談ください。 
レザー素材のボディバッグ,内側1つ,外側2つポケットつき
  • バッグサイズ(素材は牛革,豚革 横33cm,縦15cm,奥行き,14cm)
  • ポケット(外側2個,内部1個)
  • 2wey,ベルト取り外し可能で,ウエストバッグにも変更可
posted by nakajima@Js'ken at 08:14| Comment(0) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

革の腰バッグを再利用しつつ,革のハギレでバッグと蓋を追加してボディバッグにリメイク

電車での長距離移動用にレザーのボディバッグを作りました。このボディバッグは百徳着物の寄裂に続き古い腰バッグのリメイク、そして革のハギレを無駄なく使いパッチワークしてあります。

腰バッグの機能、財布,携帯,小物収納能力に加えファスナー付きのバッグを追加しているため、制汗スプレー,ボディタオルなど身嗜み用品,本や手帳が新たに収納可能です。 By Js'ken
革の腰バッグを再利用しつつ,革のハギレでバッグと蓋を追加してボディバッグにリメイク
posted by nakajima@Js'ken at 06:12| Comment(0) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

着物の反物で足りない分をパッチワークで補ったメンズ着物(寄布,寄裂)

今回は新しい挑戦をしてメンズ着物を仕立ててみました。庶民が余った布生地を寄せ集めて作った寄裂(パッチワーク)からヒントを得て、普通に仕立てると足らなくなる袖と衿部分を寄裂で処理。

別の柄同士を繋げると柄同士が反発したり、同色系の無地生地を使うと地味になったりで着物として形になるまでは悩みましたがチャラくならない程度にまとまったように思います。
寄布,寄裂,パッチワークで反物不足部分を補った着物
最近江戸時代などから伝わる百徳着物の存在を知りました。百徳着物とは、子供が生まれると地域全体で育てようと言う事で、近隣の人より少しずつ布ハギレをもらいそれらを縫い合わせて作った着物です。

布自体が高価だった何百年も前から庶民の間では寄布(パッチワーク)が使われていました。その生活と伝統を思うと使える物はどんどん有効利用していきなさいと叱られているように思えてなりません! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 04:54| Comment(2) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

一眼レフ用のレザーカメラストラップ,真鍮金具,和銭古銭コンチョを使用!

ボディバッグなどで大きいカメラを使用すると肩掛けストラップが2重でかさ張ります。その問題点を改善しコンパクトに収納も出来るように、手首吊り下げ出来るカメラストラップを作りました。

一眼レフカメラなどの大きいカメラは重量があるので使用素材の強度を重視して作ってあります。(素材→型押しレザー 長さ調節の金具→真鍮 ホック→和銭のコンチョ)
一眼レフ用,レザーカメラストラップ,和銭古銭コンチョ
古銭コンチョなどはレアなコインを探しているので一点物が多いです。申し訳ありませんが、販売終了していた際はリクエストいただくか別コインの入荷までお待ちください。 ByJs'ken
posted by nakajima@Js'ken at 23:52| Comment(0) |  手作り材料の販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

実験! ボディバッグのベルトを交換,取外し機能を付け、布からレザー素材にリメイク

車移動の場合、レザー製の腰につけるバッグ,シザーケースを多用。このバッグは必要最低限しか収納できませんが和服,洋服両方使えるので使いまわし方が豊富です。

電車移動の場合、制汗スプレー,ボディペーパー,財布,携帯電話など入れられるボディバッグを多用。 シザーケースより容量も大きいので身嗜み用品を持ち歩く必要がある時は欠かせないバッグです。
ボディバッグベルトリメイク交換,布からレザー素材に変更
  • ボディバッグを、腰付けや手持ち出来る様にショルダーベルトを取り外し可能に変更。
  • 素材をレザーにクッション入りで体に食い込まない構造に。
それにより、バッグの構造変更を失敗しても元に戻す事も可能で、色違いなどのパーツを作れば一部分のパーツのみの交換も可能になります。 和服,洋服両用に出来るよう実験開始です。By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 07:55| Comment(0) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

茶色の着物に合わせ角帯を製作!100円ショップで半衿,伊達衿を収納できるハンガーを発見しました。

秋用に今まで使った事の無かった茶色の反物で単の着物を作ってみました。しかし今までと違うカラーリングの着物なので合う角帯や半衿が無く角帯のパンフレットを呉服屋さんで色々見せてもらいました。

当日は気に入った物が発見できず、浅草の着物でジャックまで数日しか残っていません。そこで生地屋さんで着物に合いそうな布を探しこげ茶色と薄い紫の角帯を作ってみました。
着物の手作り角帯,半衿,伊達衿収納ハンガー
お出かけのアイテムが新たに角帯2本と半衿3本増えた事に一息ついて新たな問題が、ハンガーに吊り下げるだけだった角帯,半衿,伊達衿の収納が選び難く上にあるものばかりを使っていました。

そこで解決方法を模索しつつ100円ショップのダイソーで折り畳み可能ネクタイハンガーを購入、これなら半衿と伊達衿をネクタイ同様選びやすい!次は角帯の収納を考えなければなりませんね! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 08:01| Comment(0) |  和裁,着物小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする