Js'ken System[皮革レザークラフト染色製造・.銀と真鍮加工.着物やクラフト市出店など]in茨城県石岡市

茨城県石岡市の工房にてレトロ&ポップをテーマに真鍮・シルバー925などに刻印を打ち込みブレスやリング・ネックレスを製作。海外コインを輸入してオリジナルコンチョ製作。レザーを染料を使ってオリジナルのカラー・模様を染色、革小物やバッグ,靴,財布などをハンドメイドにて製作しています。

2017年3月5日更新【現在、たくさんの注文をいただいており当分の間旧商品の制作・オーダーメイドは中止させていただきます。】

glossybuttons.gif glossybuttonsa.gif glossybuttonsat.gif glossybuttonsr.gif

2011年10月26日

洗濯して折り目が消えたボトムに,ミシンでセンタークリース加工しました!

キレイに穿きたいスラックスは折り目正しくアイロンがかかっていた方がオシャレに気を使ってるなと推察できますよね。しかしせっかくの折り目も洗濯すると無くなります。

 

着物で使う袴などは特に折り目ばかりなので一度消えてしまった折り目は直し難く手間がかかります。今までは仕付け糸などで縫いつけてから洗っていた事も!

洗濯して折り目が消えたボトムに,ミシンでセンタークリース加工しました

今回はカジュアル使いのスラックスなので同色のミシン糸でセンタークリース,プリーツ加工をしました。間近で目を凝らしてみないと分からないと思います。

 

洗濯した後のアイロンがけもボトムの真ん中に目印が付いているのでチャチャっとシワを伸はせるので気軽に使えますね。次は気軽に着物の袴を洗濯出来るよう見えないクリース,プリーツ方法を考えましょう! By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

100円ショップの毛玉取り機で古着のニット生地袖の毛玉除去しましたよ!

冬製品,ニットのスエットなど気付くと毛玉がびっしりで嫌になりますよね。洋服の生地を傷めない為にはそのままにしておいた方が良いと言われても周りの目は特に気になります。


そこで毛玉付きの洋服よりも見映えと言う事で、100円ショップなどで売られている毛玉取り機をつかってカッティング。毛玉を取った後はまるで新品のようになりました。

100円ショップアイテムで,古着のニット生地袖の毛玉除去

毛足の長いニット品や生地自体が薄くカット部分に巻き込まれやすい物などは鋏などでのカットをおススメしますが、スポーツや普段着使いの物にはとても良いアイテムです。


事前にチェックできずに出かけ、毛玉を発見したら身嗜みとして車のダッシュボードに入れておいて人と会う前の使うのも良さそうですね。 By Js'ken

posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

紳士ボトムを裾上げ後にリメイクしましたよ。インナーもLLサイズからサイズダウン

この秋はレトロな雰囲気のあるファッションアイテムに心惹かれています。古着屋やショップ巡りをしていたら裾上げしていない紳士スラックスを発見したのでリメイクしました。

今回は紳士スラックスを自分のサイズに裾上げした後に、スラックスを7分丈などの長さに調整できるようにベルトとリングを取り付けました。もちろん普通に裾を下げて穿く事も可能です。
紳士ボトムを裾上げ後にリメイクしましたよ。インナーもLLサイズからサイズダウン
ちなみにトルソーが着ているグレーのインナー、ダブダブかつラフさを出そうとLLサイズの物をを横幅と裾を適宜サイズダウンしてあります。

秋冬の洋服コーディネートが何パターンか出来たら、その雰囲気を参考にシルバー,真鍮,レザーのアクセサリーなど小物作りをしますよ! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) |  リメイク古着,洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

銅板打ち出しプレート,石を削って表札,篆刻でハンコを作りましたよ!

和裁や洋裁,印章彫刻,建築板金,真壁石工,その他多数の技能士会が出店するイベント、第31回技能祭へ。場所は水戸の茨城県職業人材育成センターです。

当日はタイル煉瓦のモザイクタイル製作,大工のマガジンラック製作,建築塗装のペンキ塗りなど物作りイベント盛りだくさんなので30分待ちは当然で混雑すると思い臨戦態勢で望みましたよ。
銅板打ち出しプレート,石を削って表札,篆刻でハンコを作りましたよ!
  • 銅板の表と裏からタガネで打ち込み作る板金のプレート。
  • 中国が起源で篆書の文字を石に彫りハンコを作る篆刻。
  • 真壁石をコンプレッサーにつながれた器具で名前を掘りこむ表札。
作った物は上記↑ 現地では予想に反して待ち時間無しでまる1日物作り体験が出来たので有意義な1日となりました。  By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) | ★Js'ken,営業報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

サイズの大きい宝石付きの指輪を小さくサイズ直しをしましたよ。

貰い物や中古のシルバー925アクセサリーや長期間使わなかった指輪のは、サイズが微妙に合わなかったりすることがありますよねそこで今回はシルバー925製の指輪サイズしました。

宝石付きの指輪の場合は石を爪留め,フクリン留め,彫留めなど種類があります。今回のような爪で4本で留めている物は比較的直しやすいので紹介します。
サイズの大きい宝石付きの指輪を小さくサイズ直しをしましたよ。
工程は、留めてある爪を起こして宝石を取外した後にサイズ直を行います。大きくするには新しく銀地金を付け足して大きくさせ、小さくする場合は余計な長さ分の銀地金を切り落とし小さくします。

サイズ直し後の仕上げ方法は鏡のように仕上げる鏡面仕上げ,アンティーク風に仕上げる燻し仕上げ,つや消しに仕上げる梨地仕上げなど色々あります。指輪のお直しする時やリフォームする時は仕上げ方法をこだわってみても面白いかもしれませんね。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) | ★シルバー925,真鍮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

シルバー925のYシャツの袖に付けるカフスをリフォームしてタイピン,バッヂにしましたよ。

シルバー925アクセサリーのカフスをリフォームした点は、ボタンホールに接続する部分のチェーンの金具を取外しバッジに出来る金具を溶接しなおしました。

さらにカフスのクロス部分に新しく取り付けたのは、ガラス玉をペンダントトップにしたアクセサリーのバチカンを取り外しカフスから取外した鎖を改良して接続することで動きがでます。
シルバー925のYシャツの袖に付けるカフスをリフォームしてタイピン,バッヂにしました
今回の工程は、
  • カフスの鎖を外し、再溶接するために一度ガラス玉を取外しカフスに溶接したあとにまた取り付け。
  • バッジ金具接続後、バーナーで出来た酸化膜や酸洗いの皮膜を除去するために研磨。
  • 磨きなおすと事でアクセサリーの傷も消え新品同様の輝きも復活。
古くなって飽きたシルバー925アクセや真鍮アクセなども使用場所に合わせて形状を変更するだけで今までとはまるで違うアクセサリーになります。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) | ★シルバー925,真鍮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

スーツの革靴の色に合わせてレザーベルトも同じ色の茶に染めて作りましたよ!

スーツ,フォーマルファッションもそうですが革靴の色に合わせてレザーベルトのカラーを合わせるのはとてもオシャレですよね。カジュアルファッションにも靴,ベルトの色がワンポイントになったり。

今回はそのメイン,ワンポイントアイテムとなる革靴をベースに革のベルトも同じ茶色に染めて製作しました。同じ牛革素材なので革靴,レザーベルト供に同様の手入れ方法でOKです。
スーツのコーディネート編,革靴の色に合わせてレザーベルトも同じ色の茶に染めて作りましたよ!
靴用,ベルトのオイルで磨く事で自然なエージング感が出て足や腰周りの形にも合いますよ。色合いがくたってきたなと思えば、好みの色合いの靴墨で磨いたりでオリジナルの風合いに出来ます。

塗料で染めた革は同じになり難いのですが、今回の革は素染め仕上げでした同様の革は黒,こげ茶,微妙な濃淡なども染料を調合して染める事も可能です。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

スワロフスキーとレザーのタイピン,鋳造クロスとレザーのピンズを作りましたよ。

レザーのアクセサリーを増産していますよ。通常金属で作られるアイテムをレザーで包むと落ち着いた雰囲気になるので、シルバー925や真鍮素材と違った感じに仕上がりました。

強度が必要な部分のピンズやタイピン金具はシルバー925,真鍮アクセサリー用のパーツをレザーに使えるように、接続部分を溶接加工して負荷に耐えられるようにしてあります。
スワロフスキーとレザーのタイピン,鋳造クロスとレザーのピンズを作りましたよ。
今回はレザークラフト用の飾りやバーナーでは溶接の出来ない鋳造アイテムを使ってあります。この事でバーナーの熱に弱い素材なども革で包む事で使用可能になりました。

さらにシルバー925の指輪も少し加工すれば接続する事も簡単ですね!レザーとコラボすれば更なるアクセサリーのバリエーションの増加が期待できます。 By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

タイクリップ,カフスをレザーで包みましたよ!タイクリップは名刺ホルダー,マネークリップにも

タイクリップ,カフス,タイリング,ラペルピンなどすべてシルバー925アクセサリーで統一してみるとギラギラして大人の落ち着いた雰囲気とは程遠くなります。そこでトルソーに和服や洋服を着せて付けた雰囲気を確認しながら作りはじめました。

そのおかげでシルバー925アクセサリーを付けた時、その他アクセサリーとの調和が客観的に見れるようになったので、タイクリップとカフスボタンをレザーで包み落ち着いたマッド感を出してみました。
タイクリップ,カフスをレザーで包みましたよ!タイクリップは名刺ホルダー,マネークリップにも
カフスはYシャツのボタンホールに接続して使用し、タイクリップはネクタイがずれたり動いたりしないようにネクタイとYシャツを挟んで固定するアイテムです。

そのレザー包みの副産物でタイクリップは、名刺ホルダー,マネークリップなどにも流用できる事を発見。名刺を挟んだタイクリップをジャケットなどから取り出したらオシャレかも! By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) | ★レザークラフト,皮革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

裏表両用のコルクボードを製作しましたよ!屏風状になっているので立てたり吊るしたり可能。

100円ショップで購入したインテリア用品編です。今回はB4サイズのコルクボードを3つ繋ぎ合わせてペイント後に裏面にもコルクを張りましたよ。
  • 屏風状にしてあるため机などに立ててアクセサリーを飾る事も可能。
  • 机などのスペースが無いときは、吊り下げて壁に飾る事も可能。
  • 持ち運びは折り畳んで省スペースに保管する事も可能。
裏表両用のコルクボードを製作,3つ連結で折り畳み可
使い勝手が良いので更なるクォリティーアップのために両面使用する場合の画鋲,留め具選び。野外でテント展示する場合には強風対策など改善が必要です。

小物類のインテリア用品が増えたので次は大量にあるバッグや靴などの展示方法を考えないとね!室内保管・野外展示方法を改善しないとさらなる増産に影響が(笑) By Js'ken
posted by nakajima@Js'ken at 05:06| Comment(0) |  エージングペイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする